建設キャリアアップシステムの概要

query_builder 2021/04/08
ブログ
すえもと行政書士事務所

千葉市緑区のすえもと行政書士事務所です。

建設キャリアアップシステムとは、技能者の資格、社会保険の加入状況、

現場の就業履歴等を業界横断的に登録・蓄積する仕組みで、

技能者が能力や経験に応じた待遇を受けられる環境を整備し、

将来にわたり建設業の担い手の確保を図るものです。

建設キャリアアップシステムの導入にあたり、登録・蓄積される情報は、

技能者情報、事業者情報、現場情報、就業履歴情報となります。

デメリットは費用面ですが、メリットとしては以下のものがあります。

・技能や経験の簡易で客観的な蓄積と確認や証明の簡素化

・社会保険加入状況等の確認の効率化

・中退共証紙の確実な貼付などの事務の効率化

・技能や経験に応じた待遇の実現

・書類作成の簡素化・合理化

また、「特定技能」や「技能実習」などの

在留資格のある外国人を受け入れる企業については、

建設キャリアアップシステムの導入は必須となります。

NEW

  • 営農型太陽光発電の要件緩和

    query_builder 2021/05/20
  • 身分証明書・登記されていないことの証明書

    query_builder 2021/05/07
  • 設立後の法人|譲渡及び譲受け②

    query_builder 2021/04/27
  • 財産引き受け|譲渡及び譲受け①

    query_builder 2021/04/26
  • 承継の認可の基準

    query_builder 2021/04/18

CATEGORY

ARCHIVE