営農型太陽光発電の要件緩和

query_builder 2021/05/20
ブログ
すえもと行政書士事務所


千葉市緑区のすえもと行政書士事務所です。

営農型太陽光発電とは、

農地に支柱を立てて上部空間に太陽光発電設備を設置し、

太陽光を農業生産と発電とで共有する取組のことです。

SDGsの目標に掲げられている様に、

脱炭素社会に向けた再生可能エネルギーの普及が課題となるなか、

農地に太陽光発電パネルを設置し、

発電しながら作物を栽培する営農型太陽光発電の普及が期待されるます。

営農型太陽光発電パネルの下で農作物を栽培しようとする場合、

パネル支柱部分の農地法に基づく一時転用許可が必要で、

パネル下の収穫量がその地域平均の8割の確保が要件とされてきました。

この要件では、通常の農作業では栽培が不可能とされる荒廃農地では

活用が難しいとされていましたが、

荒廃農地を再生利用する場合に限り撤廃されます。

NEW

  • 営農型太陽光発電の要件緩和

    query_builder 2021/05/20
  • 身分証明書・登記されていないことの証明書

    query_builder 2021/05/07
  • 設立後の法人|譲渡及び譲受け②

    query_builder 2021/04/27
  • 財産引き受け|譲渡及び譲受け①

    query_builder 2021/04/26
  • 承継の認可の基準

    query_builder 2021/04/18

CATEGORY

ARCHIVE